FAQ

参加要項について

お申込みいただいた際の演技時間は、音の始まりから音の終わりまでの時間となります。
モダンダンス・アンサンブル部門で無音で踊りが始まる場合は、舞台に出て動き始めたときを演技スタートとします。

基本的にクラシックバレエ部門にご出場いただく方には、トゥシューズを着用をお願いしておりますが、なんらかの理由によりバレエシューズでご参加いただいた場合でも、審査に不利になることはございません。
ただし、バレエシューズでご参加いただく方は、事前に運営事務局までご連絡ください。

申し訳ございません。
いただいた音源は、こちらで手を加えることはお受けしておりません。
ご出場者様でご調整をお願い致します。

念のため、事前に音源をご提出いただいた場合でも、当日CDのご持参をお願いしております。

本コンクールは、当日のトラブル防止のために、事前に音源をデータでお送りいただくようお願いしております。
ただし、なんらかの都合上当日CDをご持参いただく場合は、事前に運営事務局までご連絡ください。

音楽、振付の著作権が生じる場合は、出場者が各自責任を持って処理、解決をしご参加ください。

申し込みについて

お申込み時に演目が決定していない場合は、お振込みとお申込みが完了後、本コンクールの開催3週間前までに、運営事務局までメールにてご連絡ください。

可能です。
その際は、事前に運営事務局までメールにてご連絡ください。

部門を間違えてお申し込みいただいた場合は、ご出場される部門を記載し、運営事務局までメールにてご連絡ください。

お振込みいただいたお日にちと、お振込みいただいた名義を記載の上、運営事務局までメールにてご連絡ください。

コンクール当日について

2023年大会から、クラシックバレエ部門にご出場者される皆様に、レッスン審査中はゼッケンのご準備をお願いしております。

【ゼッケンのサイズについて】
➡高さ20cm、幅24cm以内の白色ゼッケンを2枚ご準備ください。ゼッケンの番号は当日お知らせいたしますので、受付時に番号をお書きいただきます。

【安全ピンを8つご持参ください】
➡前と後ろに1枚ずつ、安全ピンでゼッケンをとめてご着用ください。ご着用が難しい衣装の場合は、事前に事務局までご相談ください。

ゼッケンには、コンクール番号をお書きいただきます。
番号は当日お伝えします。

引率の講師様や親御様は、審査時同席不可となりますので、ご了承ください。
出場者さまのご準備などで同伴されることは可能ですが、防犯のため長時間の滞在はご遠慮ください。

可能です。
控室は、各大会において場所が変更となる場合がございます。
控室は、当日受付、更衣室にてお着換え、ウォーミングアップ、待機場所としてお使いいただけます。
ロッカーはご使用になれませんので、貴重品の管理は各自お願い致します。

準備室として開放している部屋は入室可能です。
ただし、出場者様以外はお支度のサポートなど、必要な場合のみ入室してください。

可能です。
メイクの濃さや雰囲気につきましては、任意といたします。

フリー部門のみ、道具(楽器等)は手持ちで持ち運びのできる範囲のものを対象とし、可能です。
判断に迷う場合には一度お問い合わせ下さい。

ヴァリエーション審査、パフォーマンス審査に関しての衣裳は、基本的に自由とします。
レオタード、チュチュボン、巻きスカートなども可能とします。
ただし、体のラインがわかりづらいレッグウォーマーやズボンなどの着用は不可とします。

レッスン審査について

レッスン審査は、バーレッスンとセンターレッスンの2つを実施します。

バーレッスン、センターレッスンを含め、約1時間半ほど。
ただし、大会によって多少前後する場合がございます。

可能です。レッスン中は脱水にならぬよう、各自タイミングをみてお使いください。

可能です。
ただし、体が温まってきたら徐々に脱いでいただきますようお願いいたします。

レッスン審査はバレエシューズのみで行います。

ヴァリエーション審査について

ヴァリエーション審査10分前になりましたら、審査会場での場当たりが可能となります。

ヴァリエーション審査、パフォーマンス審査の際は、ゼッケンの着用は必要ありません。

ジャズ、ヒップホップ、歌、ミュージカル、タップダンス等、ジャンルを問わずどなたでもご参加いただけます。